無電柱化推進法が成立したけど、どうなる!?

屋久島住民勉強会

お元氣様!12月9日に参議院本会議において、無電柱化の推進に関する法律が全会一致で成立しました!足掛け3年を擁しましたが、たくさんの皆様のご努力によって、成立することができました!ありがとうございます!今回、法案成立を見守ってきて、多くのことを学ぶことができました。大きな山を動かすには多くの方々の努力が必要なことと、また、力を結集して、同じ方向に向けること(ベクトルを合わせる)が大事だということがわかりました。良い経験をさせていただきました!

法案成立は一つのきっかけに過ぎません。これから、具体的にどうなるのか、どうしていくのか?それが重要ですね。また、色々なところで無電柱化のお手伝いをしていて思うのは、無電柱化は一つのメニューであり、重要な要素ではありますが、まちづくりを全体で捉えて、リーダーシップを発揮して、まとめていくことがさらに重要であるということ、そのための、コンセプトやコンテンツをどうしていくのか?住民の皆さんとの連携を進めながら進めていく。そういうことが、プロジェクトの成否を分けますね。

今週の月曜日から水曜日まで、屋久島で無電柱化プロジェクトを行ってきましたが、上記と同じことを痛感してきました。一部の住民の皆さんの熱い思いは、なかなか行政や他の住民の皆様には、伝わりません。そのためのきっかけ作りはできたと思います。法案ができても、こうした、地域の皆さんと一緒に無電柱化と価値づくりを進めていくことが重要だと改めて思いました!

無電柱化法の成立で、各地方行政も無電柱化推進計画の立案の努力義務が発生します。その際、私たちがどこまで、サポートできるか、なにができるか?法案成立前のテーマとはまた違った、新しく前向きなテーマが立ち上がってきました。楽しみです!そうしたことを踏まえて、来年の1月25日に東京で無電柱化シンポジウムを開催します!ご興味のある方はぜひ!ご参加ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA