無電柱化をするためにという理由で、樹を伐ったり、公園を狭めたりするということは、おかしいと思う。(怒)

伐採予告

お元氣様!今朝は、少し肌寒いですね!しかも、大阪は雨が降っています。今日はNPO法人電線のない街づくり支援ネットワークの大阪活動委員会です!会員企業さんが集まって、無電柱化の低コスト化を目指して、議論します!

伐られた銀杏

ところで、最近、ニュースで、無電柱化をするために、街路樹を伐ったことが、住民の反発を受けているとか、切らないように住民からの要望が挙がっているというニュースをよく耳にします。また、桜並木の通りを無電柱化すると、根っこが痛められるので、桜が枯れてしまう、どうしたらいいか?といったご相談も寄せられています。実際、うちの事務所の前の立派な銀杏の木も、照明柱を建てるのに邪魔ということで、あっという間に切られてしまいました。

桜並木

これは日本でなくても、大きな問題です!欧州でこんなことをしたら、大変なことになりますよ。そもそも、行政は街路樹を何と思っているのでしょうか??標識や看板と一緒にしてもらっては困りますよね!街路樹があることで、まちに潤いと憩いができます。しかも、夏は日差しを遮り、冬は日差しを届けてくれます。また、鳥や小動物、昆虫などを育みます。そんな樹を簡単に伐るとはどういうことでしょうか!?住民の皆さんが怒るのは当然です!

また、某所では、道路を拡げて、無電柱化するので、中央にある公園を狭くするとのことです。はあ?こんなこと有り得ますか??いくら車社会だからと言って、街なかの生活道路をいまさら拡げてどうするんですか???無電柱化するなら、道路に入れれば、問題ありません。車より、人間の方が大事ですよね??それでなくても、日本は公園が少ない国です。その貴重な公園を狭めて、道路にするなんて、おかしすぎますよね!無電柱化だからと言えば、何でも許してもらえると思ったら大間違いです!当然、無電柱化は進めますが、それ以上に、街路樹や公園は貴重なのです!こうしたことをもっと訴えていきたいですね!

桜並木通りは、根っこを傷つけずに無電柱化する事が可能です。公園も狭めずに、無電柱化できます!困ったことがあれば、ご相談ください!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です