今年は“無電柱化元年”なのです!


資産価値

お元氣様です!おかげ様で51歳になることができました!みなさま、ありがとうございます!これからも、社会の役に立つ人間を目指して、また、無電柱化の推進に向けて、スタッフとともに精進していきたいと思います!今後とも、ご指導の程、宜しくお願い申し上げます!

昨年末に無電柱化法(無電柱化の推進に関する法律)が成立・施行して3週間しか経っていませんが、今年に入って、無電柱化の情報リリースが飛躍的に増えています。各方面からの問い合わせも多くなっていますし、ステークホルダー(電線管理者・行政・国土交通省)の動きも活発化しています。昨年とは格段に違う流れです。大きな山が動くときはきっと、こういう状況なんでしょうね。そういうタイミングで無電柱化に関われていることは本当にラッキーです!

ひょっとすると、昨年も「今年は“無電柱化元年”です!」と吠えたかもしれませんが、今年こそ、まさに、その名にふさわしい年になりそうです。無電柱化関連銘柄は軒並み、高騰しています。とくに、国交省が年末にPFIについてのリリースを掘り込んできてから、株高の情報が毎日のように入ってきます。(ただし、私は株は一切やりません) 一時的な高騰もあるでしょうが、投資家の期待が高まっている証拠ですね。また、小池百合子都知事の発言に無電柱化が度々入っていることも大きな要因ですね!

無電柱化が広まらない理由の一つに、経済効果が見えにくいという問題あります。関連銘柄の株高はこの経済効果の一翼を担ってくれるのではと思い期待しています。また、「地価の1割は景観」という指摘や、平均7%の経済効果(資産価値向上)が出たという研究結果もあります。(『電柱のない街並みの経済効果』住宅新報社) やはり、防災と景観も非常に重要ですが、それに経済効果が加わると鬼に金棒ですね!

いづれにしても、今年は、年始からスタートダッシュで無電柱化を顔晴ります!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です