無電柱化の新しいフェーズへ


小池都知事と松原先生とフェルドマンさん
小池都知事と松原先生とフェルドマンさん

お元氣様です!先週末の東京での無電柱化セミナーでは、たくさんの方々にご参加いただき、誠にありがとうございます!とくに、遠方から行政の無電柱化ご担当者や、国会議員の先生、首長、マスコミ関係者にもご参加いただき、無電柱化にたいへんご関心をいただいていることを改めて実感しました!冒頭の来賓のご挨拶は、元国土交通政務官の宮内秀樹衆議院議員にいただくことができました。その後のセミナーの内容は、下記の講師の皆様にご講演いただきました!ありがとうございます!

基調講演 1 「ウエルネスタウンみつけ」~見附市における無電柱化の取り組み~       新潟県見附市長 久住時男様
基調講演2 「練馬区無電柱化基本方針について」 東京都練馬区長  前川 燿男様
事例紹介1  「見附市低コスト手法の実際」
国土交通省 北陸地方整備局 道路部道路管理課 建設専門官 木村一幸様
事例紹介2 「つくばから無電柱化!つくば市無電柱化条例」
茨城県つくば市 企画部 まちなみ整備課 土地調整係 主任 小林遼平様

基調講演1では、見附市は、街づくりにおいて、健康で幸せになれる街を目指して、ウエルネスタウンを標榜しておられます。その一環として、無電柱化は必須だと、久住市長はおっしゃいます。人々が安心して歩ける街には、電柱は有り得ないとのことです。私もそう思います。まちづくりのコンセプトに無電柱化が必須の時代になりますね。                       基調講演2では、5月に無電柱化基本方針を策定された練馬区の前川区長が、方針策定の経緯と中身について、お話しいただきました。無電柱化推進法案の成立が遅れる中、地方行政のこうした動きは、大変心強く、また、重要ですね!                          事例紹介1では、見附市の低コスト無電柱化を全国に先駆けて、実現を後押しした北陸地整事務所の木村様にお話しいただきました。低コスト手法を具体化するにあたっての、手続きや手法、また、実証実験などについて、詳細にお話しいただきましたので、たいへん、参考になりました!                                                    事例紹介2では、これも全国初の取り組みである、つくば市の無電柱化条例について、条例化の経緯について、苦労された点や、電力会社との交渉など、具体的なところが聞けました。他市にも大いに参考になるお話でした!

閉会の挨拶では、東京大学大学院教授の松原隆一郎先生にいただくことができました。この日に発売されたばかりの月刊誌『WILL』での小池百合子東京都知事との無電柱化対談について、たいへん、魅力的なお話を聞くことができました。とてもここには書けませんが…。

そして、交流会。参加者が首を長くして、待っていた小池百合子東京都知事にたいへん、お忙しい中をお越しいただきました!小池知事のアテンドをさせていただいたのですが、リオのオリンピック閉会式のお疲れを見せることもなく、満面の笑顔で、「私が東京都知事になったのは無電柱化を進めるためよ!」と力強くご挨拶いただきました!ありがとうございます!セミナー・交流会ともに、ワールドサテライトでおなじみの、ロバート・アラン・フェルドマンさんにもご参加いただきました。ありがとうございます!

無電柱化は啓発のフェーズから、具体的に実践の段階へと、新しいフェーズにかわります。我々も、持てる技術や情報を駆使しして、1mでも無電柱化が進み、日本の空から電線・電柱がなくなるように顔晴ります!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です