無電柱化の街、キーワードは「健幸」です。

ウエルネスタウンみつけ2
ウエルネスタウンみつけ2

お元氣様!  暑い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか?無電柱化を政策の一つに掲げる小池都知事は毎日のように、マスコミに登場され、大活躍ですね!無電柱化関連株が高騰しているようですね。それはさておき、今日のテーマは「健幸」です。

数年前に見附市からの要請で、街づくりのコンセプトを検討するワークショップで、無電柱化についてのアドバイスを求められたご縁で、今回、8月26日の無電柱化セミナーで見附市の久住市長にご講演をいただくことになりました。こちらも、ぜひご来場ください!低コスト無電柱化や地方の無電柱化の動きを知っていただくことができます。

その見附市の街づくりが本格的に着工となり、本日、パンフレットが届きました!そこには、「この未来の街のキーワードは「健幸」です。」、そしてサブコピーに「住んでいるだけで健康で幸せになれる街『ウエルネスタウンみつけ』」という言葉が。見附市のまた、久住市長や担当者の方々の並々ならぬ思いが伝わりますね!見附市の基本理念は「住みたい、行きたい、帰りたい、やさしい絆のまち」です。それをさらに進化させて、今回のまちづくりにつながっています。このコンセプトには、当然のように、電柱や電線はふさわしくないのですね。

地方が元氣であれば、日本も元氣になると思います。東京一極集中ではなく、多様な住み方、生き方、働き方がある。小池都知事も満員電車を無くす!とおっしゃってます。こうした地方の取り組みがさらに活性化すれば、日本ももっと楽しくなりますね。

この「ウエルネスタウンみつけ」は日本初の低コスト手法で無電柱化を実施する街です。そのことも話題になっています。これまでの、固定観念に囚われず、無電柱自由化を進めて、安全安心で空が広く見える街を日本中に広げたいと思老います!顔晴ります!

 

「無電柱化の街、キーワードは「健幸」です。」への4件のフィードバック

    1. 渡辺様、ご質問ありがとうございます!
      現行のマニュアルでは幅員が2.5Mが原則ですが、
      今後は、この基準も緩和されてくると思います。

  1. どうして歩道が2.5m必要なのですか、工事をするのにそれだけの広さがないとやりにくいということですか、それとも構造上それだけの幅が必要ということですか

    1. 水野様、ご質問ありがとうございます!どうしてかと言いますと、電線共同溝マニュアルに決められているからです。決められた経緯の詳細は不明ですが、おそらく、歩道には既設の埋設物(水道、下水、ガス等)がすでに埋まっているので、そこに電線類のパイプを入れるには、そのくらいの幅が無いと難しいということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です