かっぱ橋通りの無電柱化とインバウンド対策の必要性

かっぱ橋通りと電線
かっぱ橋通りと電線

お元氣様です!

昨日、所用でかっぱ橋通りを通りました。以前新聞記事でここの無電柱化が取り上げられていました。道具屋さんがたくさん軒を連ねる楽しいところです。インバウンドも多く、売り上げに貢献しているようです。

通りからは、間近にスカイツリーが見え、結構な迫力です。しかし、そのスカイツリーも電線に無残にも切り刻まれています…。

福島の原発事故の際には、海外メディアは日本中が放射能に汚染されたかのように報道していたようですが、地震が多く、先日の熊本地震などが海外でも報道されると、日本の電柱はひどく危険なもので、インバウンドの来日抑制になるのではないかと危惧しています。

とくに、観光地や繁華街など、人が多く集まるところではなおさらです。

政府はインバウンドが2,000万人を突破したことを受けて、目標を4,000万人に引き上げました。それには、日本の観光地や街の魅力アップが欠かせません。先日、日本商工会議所と東京商工会議所が、観光立国実現という観点から無電柱化等を石井国土交通大臣に申し入れしていましたように、早期の無電柱化推進が急務です。

いよいよ、無電柱化待ったなし!ですね!私も顔晴ります!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です