自民党 無電柱化小委員会に参加してきました!


自民党無電柱化小委員会
自民党無電柱化小委員会

お元氣様です!

先週の25日、国土交通省の方から声を掛けていただいて、自民党の無電柱化小委員会(小池百合子委員長)に参加(オブザーブ)させていただきました。ありがとうございます!それで、初めて永田町の自民党本部に潜入!?(もちろん許可をいただいています!)してきました!

会場は、たくさんの人で溢れていました!小委員会の議員以外にも、無電柱化を推進する市区町村長の会の山下市長や総務省、経産省、もちろん国交省、電事連、東電、NTTなどなど、無電柱化の揺籃期から成長期へと向かう熱氣を感じました!

冒頭の小池委員長のご挨拶では、無電柱化推進法の早期国会提出と成立に向けて力強く抱負を語っておられました。

首長会の山下市長からは、現在257市区町村に拡大した首長会を代表して、無電柱化を推進するための四つの要望書の提出がありました。                             1、無電柱化を促進するための国家予算の確保                           2、地方自治体に対する負担軽減策                                  3、コスト削減につながる規制緩和や技術開発                            4、無電柱化を推進するための法律の制定

また、今回は「無電柱化に関する新技術ヒアリング」があり、NPO法人電線のない街づくり支援ネットワークの会員でもある日鐵住金溶接工業(株)とカナフレックスコーポレーション(株)の2社が自社の技術をプレゼンしました。

今回は、マスコミの取材もあり、無電柱化推進法の国会提出と成立に向けての決起集会的な意味合いも濃かったかと思いますが、こうした場が増えることで、無電柱化に対する関心が高まり、空を覆う電線や電柱が少しでもなくなればと思います!顔晴ります!


「自民党 無電柱化小委員会に参加してきました!」への2件のフィードバック

  1. 私は昔から日本は何故無電柱化がこんなに遅れているのかと疑問でした。世界を旅してみればわかりますが日本ほど空を蜘蛛の巣のように電線が覆い汚い棒杭のような電柱が道を邪魔している国などどこにもありません。これから観光立国をめざし、オリンピックを迎えるというのにこの汚ならしいものをこのままでは先進国日本の恥です。どうか無電柱化推進法案が通って一日も早く無電柱化、無電線化が全国に実現されることを切望します!

    1. 加瀬様

      コメントいただき、ありがとうございます!全くの同感です。
      日本ほど、電柱が多い国はありません。
      ぜひ、ご支援を宜しくお願い申し上げます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です