日本人の無電柱化に関する認識はまだまだ低いなあ…。


ネットTV生出演
ネットTV生出演

お元氣様です!今朝の東京は春のようですね!

昨日は、内閣府でセミナーに参加。その後、新宿でネットTV「ウツワ」に生出演させていただきました。

このネットTVはボランティアで運営されているとのことで、手作り感満載の貸しスタジオ特設ステージでの収録でした。

今回は、無電柱化についてお話ししました。パーソナリティのヒロさんの質問に答える形で話すのですが、無電柱化について、まだまだ認知されていないか、または、間違った認識をもっておられることを改めて感じました。

日本が世界第4位の地震大国であること。阪神淡路大震災で8,100本の電柱が倒壊、東日本大震災では56,000本が倒壊したこと。さらに、毎年のように襲来する台風の上陸数は世界第3位。昨年だけでも台風の影響で500本の電柱が倒壊。110万戸が停電、5万回線に通信障害が出たこと。

また、日本の無電柱化率は2%、東京23区内でも7%しかないこと。それに比べ、欧米各国は70~100%と高水準であること。そして、アジアの主要都市でも28~93%あること。(ハノイ28%、北京34%、ジャカルタ35%、マニラ40%、ソウル46%、シンガポール93%、台北95%)

さらに、日本の電柱は3,552万本もあり、しかも、年間7~8万本のペースで増えていること…。

しかし、国(国土交通省)や意識の高い人たち(国会議員、無電柱化を推進する市区町村長の会、無電柱化民間プロジェクトなど)が、無電柱化に向けて行動を起こしていることなども伝えました。

ネットTVへの出演など、すべてボランティアですが、一人でも多くの人に、無電柱化の必要性や正しい認識を持っていただけるよう、こうした場をお借りして伝えていければと思います。

日本の空から、危険で無粋な電柱電線を無くすために、顔晴ります!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です